茨城自衛隊が「萌えポスター」採用でオタク自衛官集め!?

b0ed0de2

茨城地方協力本部が自衛官募集に萌えポスターを採用した。

これは自衛官ポスターを公募してそのなかから選ばれたようで、採用されたイラストの応募者はなんとプロのイラストレーター「飯田ぽち。」氏。

この三人のキャラクター名もついていて陸「小梅」海「のばら」空「ひばり」と名付けられている。

以前から自衛隊はイベント事で初音ミクやオタク向けの萌えキャラ絵をポスターにしたり、音楽隊がアニメのテーマソングを演奏したりして注目を集めていた。

実際に茨城以外にも募集ポスターは萌えキャライラストが増えてきているがGOサインを出す偉い人はわかっているのかわかってないのかはたまた心が広いだけなのか気になってしまう。

肉体派の自衛隊とオタクは無縁と思われていたけど最近はその方向のイメージがとても強いw

そういえば超アイドルマスターの「生っすか!?サンデー」では在日米陸軍ブラスバンド隊が生演奏でセッションしていた。

少し前からアメリカではFPSプレイヤーを戦闘機や軍隊として採用するという計画が合ったそうだ。

自衛隊や軍隊とオタクは意外と密接な関係にあるのかもしれない。

初めて買ったCDと思い出

みんな初めて買ったCDって結構覚えてると思います

私は初めて買ったCDは「恋しさと切なさと心強さと心強さと」でした。映画ストリートファイター2の曲ですね。彼女が歌手として一気に有名になった人気曲でもあります。

この曲が良かったというよりもまず全く知らずに買いました。当時スト2が好きで映画の曲というポップがあったので買って、その後オリコンとか歌番組にバンバンでて人気なんだということを知ったんですよね。

オタク入ってたので歌とかよりコレクションしたい!という気持ちだったのですが、曲自体も結構気に入って聞きまくってました。そのあとでダウンタウンのごっつええ感じをみてたらちょうど篠原涼子が番組で歌ってて「ごっつにでてたの!?」とそこでようやく本人のことを覚えたというレベルです^^;

元々歌自体興味がなかった時期なのでそれ以降は特に歌が好きだからという理由ではCDも買わずずっとアニメの曲とかのCDばかり買ってました。カラオケ全盛期になってカラオケに行くとき用に歌を聴き始めてやっと歌を意識したって感じでしたね。

それまではずっとアニメの歌ばかり買い集めてて、誰でも知ってるCDというのはこの恋しさと切なさと心強さとだけでした。だから好きな歌何?と言われたらこの曲をずっと答えてましたね。たまに笑われたり「今それ?w」とかなったりという変な意味で思い出深い曲でしたw

ダメンズを好きになる理由

長い付き合いの友人(女友達)がいるのですが、彼女が付き合う男性がいわゆるダメンズな人が多い。
ミュージシャンなど夢を追いかけるフリーターなど地位的なものから内面的にダメな男、とにかく自立できなさそうな人ばかり。
友人もその彼の愚痴を私にいうし、じゃぁ別れちゃえばいいのにといったら「でも本当はいい奴~」とでもでもだってを繰り返す。
こちらに迷惑はかけてないのだけれど、愚痴の部分が毎回必ずあるのでちょっと面倒臭い。
ご飯は毎回彼女がお金を出すし、彼女の家にいりびたったり、ひどい相手だとちょっとしたパトロンみたいに生活の面倒みてたこともあったり。

ダメンズ好きは対等な相手じゃなく、依存してくる相手に弱いのが多いきがする。
「私がいないとこの人はダメなんだ」という変な責任感や頼られるのが好きなのだろうか。
「不満はあるけどその不満を背負う大人な私」という一面が愚痴を言っている彼女には見える。

そういう女性は母性本能をくすぐられる男性に弱いという記事もよくみます。

男もそういう守ってあげたくなる女の子には弱いのでそういうのはわからいでもない。
でも毎回愚痴聞かされるためだけに飲みにいくのはかったるいのもあります。
なお、愚痴で呼び出されると彼女が「今日はありがとー」と多めに出してくれます。
そういうちゃんとした部分があるからダメな人を引きつけてしまうんでしょうかね。

ベンジャミンハーマン

最近食事した後足の小指がジンジンするもんで、ネットで検索してみたら糖尿病の初期症状とかマジですか…寿司やらピザやら出前に頼りっきりだったのが原因かなぁ。早速出前館のログイン情報削除してやりました。頼んでから「あれ、今腹減ってなかった」と気づくんですよね。強制的に注文できないようにしてやりましたよ。フフフ。体重はベストを保ってんだけどなぁ。むしろちょい痩せたかなくらい。あれ糖尿ってたしかだんだん痩せるって聞いたことがあったような。サバやら玉ねぎ食って明日から本気出す!

愚痴っててもストレスたまる一方なんで音楽の話題で気持ちを強制的に上げたる!

先日、友人のDJから教えてもらった曲なんですがマジで衝撃走りましたよこれ。ジャズサックスってこんなにかっこよかったのかと。

I’m Walking Ft. Benjamin Herman

ベンジャミンハーマンのプレイはマジでヤバい。いちいちツボをついてくるズルいメロディを連発。わざと70年代風にアレンジしてるのもグッド。こういう曲調のナンバーは昔から好きで色々聞いてたつもりですが、もうダントツですよこれ。イントロの入りもすごいセクシー。一音一音の色気がムンムンで漏れまくり濡れまくり状態ですよ。お腹いっぱいですよ。小指痛くなってきたw

トイレでふんばっても出ない時の対策

昔私はトイレでふんばっても便が出ませんでした。 便秘かな?ともおもったのですが一日で便意が限界に達すると普通に出ます。 「でそうだな」程度だと出ないんですよね。 これが便秘なのかそうじゃないのかはわかりませんが、筋トレにハマってからはそれが一切悩まされることはなくなりました。 腹筋を鍛えることで便秘が治るとは言われていますがアレを実体験したような感覚です。 腹筋の力が弱いとその下にある腸も動きが悪くなり、便秘になるそうです。 また腹筋がないと気張る力が弱いので便を出せないのも一因だと思うんですよね。 私のは後者だと思ってるんです。昔はとんでもない運動音痴で筋肉のかけらもない体型でしたから(笑

便秘解消の腹筋を付けるというのは調べてみると何百回もするようなハードな腹筋ではなく、仰向けに寝て首を上げて自分のおへそをみるというのでいいそうです。 それでお腹を触ってみると確かに腹筋に力が入って硬くなっています。それを10秒やって10秒休むなど自分にあったペースでやるのがいいそうで。 ヨーグルトとか繊維物を食べるなどの便秘対策が有名ですが、単に運動不足で体ができていないというのも大きな原因だと言われています。 でも現代日本は食事によるダイエットばかりが先行しすぎてこういう体の基礎づくりのダイエットを面倒と避けられがちですね。

運動して体の基礎づくりをしておけば将来老化した時にも運動していない時よりはるかに健康な体を維持することができるので是非運動によるダイエットを始めて欲しいですね。

クラシック育児は効果が無いという研究結果

幼少期にクラシック音楽を習わせるとその後の知能育成に効果があると言われています。それは「モーツァルト効果」と呼ばれていますが、最近その音楽育児に効果が無いという研究結果がでたようです。 米国ではかなり浸透していたポピュラーな育児法だけに今後波紋を呼びそうですね。

日本でも音楽を聞かせることによる効果というのはかなり認知されており、人間以外にも農業や動物の飼育にも音楽を取り入れるという手法が何年も前からありました。 農業などは実際に効果があるのかと言われると眉唾ですが、農家のおじさんが甘みがでるとかいってるので信じるしかありませんね。 プラシーボ効果のような気もしてきますが…

でも小さいころから色々な物に慣れ親しませるのは無意味じゃないと思いますけどね。 単純に「知能が上がるから音楽を聞かせよう!」という目論見からは変わってしまいますが、音楽以外にも様々な物に触れさせることでその後の道も広がりますし、思わぬ才能があることがわかることだってありますしね。 誰にでも才能はあるかもしれませんが、その才能に気づくことが出来る人は限られています。 学んだものに直接向いてなくとも、実は指先が器用だったり、音感が優れている、動体視力がいいなどどんな素養があるかの発見に繋がることはあると思います。

そういう選択肢を沢山経験させることが大事なので親も「知能が上がらないなら音楽教育やーめた」という短絡的な発想にだけはならないようにしないとですね。

飲み過ぎ、脂っこい食べ物とストレス

最近はよく飲みに行く回数が増えました。 社内ででかい仕事が入り、みんな必死で働いて(残業は出来るだけ減らせという社風)そのストレス解消に週末はいつも飲み会というわけです。 お陰で最近はビール腹になりつつあり、顔もやや脂症に……w

見事に健康に悪い3コンボで、飲み会の翌日は胃もたれ、二日酔いも残り始めてきました。 勿論財布にも悪い…w

胃もたれ、二日酔いはしたことがない体で、健康診断では今まで特に悪いところもなく健康そのもので生きてきましたが、そろそろどこかにガタが来るのかなぁと思ってしまいます。

だから付き合いは仕方ないとして、普段の食生活を変えようかなと思い始めました。 外食の多い生活でしたが、自炊に変えて行くべき。 そう思って自炊で納豆とご飯に味噌汁を食べるようにしています。 しかし、買い物の時にどうしても冷凍食品を手にとってしまう自分がいますねw 自炊を日常的にしていないとやはり手間が面倒で簡単なものですませたくなってしまうのは人の性でしょう。 徐々に作れるようになって行くつもりで一品は必ず手作りにしています。 便利な時代で、スマホ片手にネットでレシピを調べればいくらでも作れるのでありがたいですね。

HOOTERSに行ってきました

今日は帰り道に見かけたHOOTERSに行列が無かったので飲む予定は無かったけど行ってきました。 休日などに友人とHOOTERS行くと大抵が行列だったのでいつも行けなかったんですよね。 平日なのとオープンから時間が経っていたのもあるのか空いていました。

HOOTERSとはTVでもよく取り上げられているセクシー居酒屋の一種です。 本来はアメリカのレストランなんですが、沢山のビールも飲めて何より女性店員のコスチュームがエロい!www タンクトップにきわどいホットパンツの格好でスタイルのいい女性が多いのですw 彼女達は「フーターズガール」と呼ばれております。 衣装の特徴からかスタイルのよい女性が多いですね。誰でもフーターズで働ける訳じゃなさそうです。

アルコール以外のメニューはチキンにハンバーガーなどアメリカナイズなフードなので胃腸の弱い方には合わないかもしれません。 味も大雑把でボリュームが多いといういい意味でも悪い意味でもアメリカらしさ満点。 ちなみに注文が来る時間も早くはないですw

そしてテーブルに着くとその席専属のフーターズガールが担当についてくれて、彼女達が注文などを受けてくれます。 注文だけじゃなく、メニューや数種類のソースの説明などをしてくれるので彼女達とのコミュニケーションもバッチリとれます。

さらに一時間に一回、店内に音楽が流れ始めると、フーターズガール全員が踊りだすダンスタイムがあります。 露出の高い衣装で扇情的に踊るのでいやがおうにも盛り上がります。

彼女達はエロさを醸し出すわけじゃなく、オープンな感じで接客しているので、女性と一緒に来ている男性もそれなりにいました。 エロおっさんの為のお店というよりはワイワイ楽しめる場所ですね。

味うんぬんは置いておいて楽しく軽くビールでもという時オススメです。

ベア・グリルスのサバイバル番組

先日ベア・グリルスのまとめ記事をみてちょっと懐かしくなり色々彼についての記事を見ていました。 ベア・グリルスとはディスカバリーチャンネルで放映されているサバイバル番組『MAN vs WILD』(※正しくは「ドキュメンタリー風サバイバル術紹介番組」)にホストとして出演している元SAS隊員。 SASで培った(?)サバイバル術を紹介する番組なんですが、その内容が他とは一線を画しているので人気の人物なのです。 食料は現地調達でジャングルや砂漠にいる動物、昆虫など「タンパク質や栄養」があるものなら全て食べてしまいます。 食べ方は『見つけたその場で食べる』ことが多く、サソリの尻尾だけ切って生きたまま食べる。魚も生のままなどショッキングな食事を披露し、一時期日本でも話題になりました。

ただし、本人は火を起こすのもとても上手く、ちゃんと焼いて食べることもあります。

個人的に面白かったのは砂漠のベルベル人にとってのご馳走といわれる「ヤギの睾丸」をいただくことになり、生で食べたベア氏が完食できず(唯一完食できなかった食事とも言われている)その後の別の放送の時に「ベルベル人の言う”ご馳走”は信用できません」と言ってしまいました。 しかし実際にはベルベル人はヤギの睾丸は”焼いて”食べるのであり、生で食べたベア氏に対して「我々でも生で食べない」と言っていました。

ベア・グリルスは不味そうに食べる事が多いのですが焼いて食べればちゃんと食べれるものも多かったりするんです。 「なぜ焼かないのか?」という疑問はあったのですが、他の人達の推察の中に「SASの作戦行動中は火を起こすと敵にバレるからでは?」とあり、私的にそれが納得できる考察でした。

ただ単純に番組として盛り上がるからとも言われてますが(笑)

冒頭でも書きましたが彼の番組は「ドキュメンタリー風サバイバル術紹介番組」であり、実際のドキュメンタリーとしてサバイバル収録しているわけではないので注意してください。 といっても動物の死骸を食べる、糞尿を飲む、防具をつけずに蜂がわんさかいる蜂の巣を切り取って食べるなどは実際にやっているのですが(笑)

他にも日本では絶対マネできない番組がディスカバリー・チャンネルには多いのでオススメです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ